「拡張現実」とは正反対、何かを消し去る技術「減損現実」もすごい=動画=

今メディアで何かと話題の「AR」拡張現実(Augmented Reality)とは「現実環境が映し出された画面にコンピューターを用いて情報を付加提示する技術、および情報を付加提示された環境そのもの」いわゆる現実世界上へ情報を表示する技術。
IKEAのARカタログがすごすぎる…などのような応用例が登場して注目を集めています。今回、ドイツのイルメナウ工科大学の研究チームが「AR」とは正反対で現実世界上の情報をリアルタイムで取り除く「DR」減損現実(Diminished Reality)と呼ばれる技術を開発したそうです。以下とにかく動画で。


ほらこの通り。ミラーに映っているものが消えている。

処理の流れは以下のような感じだそうです。

取り除くものを指定、そのものを見つけさせる。


周囲にあるものを分析する。


取り除くものの画像を周囲のもの情報で満たす。

処理に要する時間は数ミリ秒、動画や静止画像どちらでも使えるそうです。

これも素晴らしい技術ですね。それでも現実世界から消されるというある意味怖いような気も少し。

via Tech Cranch


ブログランキングへ投票お願いします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes