古代の不思議新発見!モアイを掘ったら体があったとツイッターで話題に


Photo by marypmadigan

モアイ(Moai)と言えば、チリのイースター島に、その数1000体あるとも言われる人面を模した石造彫刻。モアイの建っている海岸付近には、像を造る材料が見当たらないことから、別の場所で造られた高さ3.5m、重さ20tから最大20m、重さ90tにもなるモアイを古代人がどのように運んだのか、自分で歩いたという説もあるなど、未だ謎に包まれた部分が多いようです。

そんなモアイ像を掘った時の画像が、Twiiterで話題となっているようです。アフの高台に建ち、下半身が地面に埋もれているモアイ像は良く目にはしますが、今回のようにモアイ像を掘り起こし、体全体が露わとなった姿が公開されるのは初めてのこと、Twitterのユーザーから驚きの声が多数挙がっています。神秘さ漂う衝撃的な画像を以下でご覧ください。


ã?¢ã?¢ã?¤ã??æ??ã?£ã?¦ã?¿ã??ã??ã??ä½?ã??ã?£ã??ï¼? on Twitpic

モアイ、掘ってみたら、体あった!

つぶやきの一部を以下へ抜粋

すごいw

かしこまってる!

ワロタw 次のグラディウスとか出てこないかなw

これごと、立ってたの?「モアイ、掘ってみたら、体あった!」

イシカミ?

これが真の姿か!

これはすごい。底は見えたのかな?

これは…びっくりな…今まで気にしてなかったけど…凄い!!

すごおおおおおおい

なんでいままで掘らなかったし

なん・・・だと・・・

実際のモアイの様式から外れまくってるので、コラでしょうねぇ。陵墓としての台座もないし、レリーフもイースター島の様式じゃないし。

杭とかそーゆーノリ?

こんなデカイのどうやって埋まったんだろう?地下に神殿でも?

こりゃすげえ

こんな神秘的な姿を見たら、モアイの謎がますます深まりそうです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes