陸上男子5000メートルでラストスパートを2回もして勝った凄すぎるランナー(動画)

4月29日、カーディナル招待陸上の男子5000メートルで、北京オリンピックにも出場したスーダン難民の中距離ランナー、ロペス・ロモング選手が、1周カウントを間違えてしまい一気にラストスパート、ゴールしたと思ったら、周囲からあと1周あるのが知らされ、もう一度ラストスパート?をして、そのまま逃げ切り勝ちをおさめるという驚きのレースをしたそうです。



1回目のラストスパート


あと1周あるぞ。


2回目のラストスパート

ロペス・ロモング選手は、なんと2回もラストスパートをして勝ったということになります。これも力のある選手がゆえ成せる技です。ロンドンオリンピックでもこの選手に注目しておきましょう。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes