男子走り高跳び金メダリスト、ステファン・ホルム選手の超人的なハードルトレーニング(動画)

2004年アテネオリンピック男子走り高跳びのゴールドメダリストステファン・ホルム選手(スウェーデン)は、身長が2m台と長身の走り高跳びの選手が多い中で、身長が181cmと非常に低いことで知られていますが、その低身長ながらも持前の跳躍力で世界と渡りあってきたそうです。ホルム選手の自己ベスト記録が2m37cm、なんと頭上56cm越える高さを飛び越えたことになります。現役当時、ホルム選手が自身の跳躍力を高めるために独自のハードルトレーニングを行っていた時の映像が紹介されています。まるでカンガルーのように高いハードルを軽々越えていく驚異の跳躍力をご覧ください。


おそらく180cm近い?ハードルトレーニング

160cm室内ハードルトレーニング

身長の低さを驚異の跳躍力でカバーする。天性のバネがある黒人選手に良く見かけますが、白人選手でこの跳躍力は珍しいのではないでしょうか。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes