中国ハルビン製薬工場の超豪華な内装…フランスのヴェルサイユ宮殿みたい(写真あり)

中国北東部、黒竜江省のハルビン市にある国有企業のハルビン製薬工場グループ第6工場の内装が、フランスのヴェルサイユ宮殿みたいだと海外サイトで話題となっているようです。製薬工場の3階部分がそうで、金箔を使った廊下や階段、天井には宝石を散りばめたような巨大シャンデリア、壁面には金ピカの絵柄が埋め込むなど豪華燦爛、さしずめ中国版ヴェルサイユ宮殿という感じです。以下写真。


ただ、ハルビンの市民からは、ハルビン製薬工場グループの最近の下水問題露出も解決されていないこともあって、豪華すぎる工場の内装について無駄遣いではとの非難の声が上がっているそうです。ちなみに、ハルビン製薬グループは、財務資料によると、約2兆元(約12兆円)の純利益を挙げたとも言われています。企業側からは、地元の芸術作品などの博物館として利用するものだとしているそうですが、写真を見る限り会議室や来賓室があるのが見受けられ、本当に博物館として利用するのか疑わしい所もあるようです。どこの国でも国有企業は、利益をどのように使われるか重要な事です。


via Chinese Pharmaceutical Factory Looks More Like the Palace of Versailles


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes