ブラジル南部の犬1,600匹と猫200匹が暮らす避難所。

brazil-dog-town1

ブラジル南部のカシアス・ド・スル市には、NGO(非政府組織)の動物愛護団体「Sociedade Amiga」が管理する捨てられたり虐待されたなど犬や猫を収容するための避難所があるそうです。


brazil-dog-town2

この場所は、寄付金や地方自治体からの援助によって、3エーカー(約3678坪)の土地に1600匹の犬と200匹の猫ののために小屋を並べられています。周囲の住民からは「犬ファベーラ(貧民窟)」や「犬スラム」と呼ばれているそうです。毎日犬や猫が連れて来られるので定員オーバーの過密状態が続いているとのことです。

brazil-dog-town3

愛護団体によると1ヶ月に12トンもの食物が必要で動物たちの食費や医療費が、寄付金や援助では到底まかなえほどの財政困窮で、さらに過密状態の避難所を新しい施設に立て替えようにも出来ない状態だそうです。

brazil-dog-town4

至る所に小屋でまさに集落。
brazil-dog-town5

顔がモロ怒ってますね。

brazil-dog-town6

brazil-dog-town7

brazil-dog-town8

俺にも水をくれ。

brazil-dog-town9

brazil-dog-town10

このように捨て犬や猫が増え続けている。理由はどうあれ飼い主には責任を持って飼ってもらいたいものですね。

via Amazing Dog Town In Brazil


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes