【迷惑な客】クラシックコンサートで居眠りしてるのがバレバレになっちまった面白い瞬間!(動画)

米カリフォルニア州のCascade Theatreで、ノース・ステート・シンフォニーによるストラビンスキー作曲のバレエ音楽「火の鳥」の演奏が行われていたのですが、曲の途中で緩やかなテンポから激しいテンポに切り替わった瞬間、居眠りしていたらしい女性客の大きな叫び声が館内に響き渡り、その後の指揮者のゼスチャーに周囲から笑い声が起こる一幕があったそうです。


クラシックコンサートで居眠り中に叫ぶなんて、ほんと迷惑でしかありませんよね




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes