【脆弱性テスト】中国の人型ロボット「Alpa2」をハッキング→殺人人形チャッキー化してみた!(動画)

米セキュリティ企業IOActiveの研究員が、中国UBTECH社の小型家庭用ロボット「Alpa2」について、容易に頭の後ろのUSBポートへアクセスして機能制御を行いデバイスのフォームウェアが更新できる上、さらにロボットに搭載のAndroid OSがアップデートをダウンロードしたときに署名を検証するためのコード署名を使っていないことが判明、これらからハッカーからデバイスに不正なソフトウェアをインストールされる中間者攻撃(man-in-the-middle attack)を受けやすくなるという重大な脆弱性を発見したそうです。

そこで当企業の研究員が、実際に「Alpa2」をハッキングしてトマトをドライバーで突き刺し続ける殺人人形チャッキーに仕立て上げたという恐ろしい映像が紹介されています。


もしも人を支援するために作られたロボットのはずが、勝手に人へ危害を加えるロボットに変えられてしまったら、考えただけでもゾッとしますね。

via mashable




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes