米国を襲っている熱波がどれだけ暑いのか良く分かる1枚の画像


Photo by NickStenning

米中西部を襲ったヒートウェーブ(熱波)が、東部にも押し寄せ、22日にニューヨーク市セントラルパークでは、摂氏40度を記録し1977年以来の34年振りの暑さとなり、さらに湿度もために路上は蒸し風呂の状態となっているそうです。

これだけの炎天下となると外を歩くのも危険そうですが、停車した車の中はもっと危険、数分で車内温度50度近くまで上昇するので子供は置き去りに絶対しないように!これで想像がある程度付くともいますが、米国のどれだけ暑いのか良く分かる1枚の画像は以下で。



車のダッシュボードの上でクッキーを焼いているという画像です。

実際、クッキーを焼くにはオーブンで170度から180度の温度で10?15分ですが、この画像で車内もどれだけ暑く、どれだけ危険かを訴えることも出来そうです。

via Heatwave Pro-Tip [PIC]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes