【福島県】水入りペットボトルで小学校の教室の放射線が50%カットできたと話題に


Photo by chidorian

一時期、ネコ除け対策にと街のあちらこちらで水の入れたペットボトルが並べられているいるの良く見かけましたが、水入りペットボトルが太陽で反射してネコが嫌がるとか言われていたものの実際の効果のほどは定かでなく、一方で水入りペットボトルが太陽の屈折でレンズの役目をしてしまい危険でもあるということで、最近は殆ど目にしなくなったようです。

そんな水の入れたペットボトルを、福島県郡山市橘小学校で教室へ並べたところ、放射線50%カットできたということで、その小学校の取り組みが面白いという記事が、ネット上で話題となっているようです。以下記事のリンクを貼っておきます。


これは凄い。他の学校もすぐやるべき。水を入れたペットボトルで教室の放射線50%カット。郡山市立橘小学校が実現

水による放射線の遮蔽効果があるのを利用して、水入りのペットボトルを壁のように並べて放射能を遮ろうと計画したとのこと。職員間では「新ヤシマ作戦」と呼ばれているそうです。

橘小校内放射線値報告 PDFファイル


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes