【神技かよ】小型プロペラ機の最短着陸で世界新記録→その距離わずか9フィート5インチ(3メートル弱)!

2018年、米アラスカ州ヴァルディーズの空港で開催された小型プロペラ機によるSTOLショート離陸着陸コンテストにて、アクロバットパイロットダン・レイノルズさんが最短着陸の方で、距離9フィート5インチ(約287センチ)の世界新記録を樹立した時の映像です。

これは、2017年にフランク・ナップさんがマークした世界記録を、1フィート(約30センチ)短縮したということです。



映像の1分40秒過ぎに注目。まさに神技テクニックとしか言いようがありません。


ちなみに着陸距離は、基準線からメインギヤまでの距離を測定するそうです。




 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes