【弾き比べ】お値段7,000円のバイオリン対3,000万円のバイオリン→音色の違いが分かる?(動画)

プロのアメリカ人バイオニリストのロブ・ランデスさんが、Amazonセールで買った安価なバイオリン62ドル(約6,800円)から、年代物の超高価なイタリア製バイオリンのVincenzo Panormo(1794年)13万ドル(約1,400万円)、Giuseppe Scarampella(1800年代後半)18万5千ドル(約2,000万円)、Carlo Antonio Testore(1700年)28万5千ドル(約3,100万円)で順番に曲を演奏していきますが、弾き比べを聴いてみて安価と超高価それぞれのバイオリンの音色の違いが分かるか試してみましょう。


ちなみに、素人の私には音色の違いが全く分かりませんでした。音楽的センスゼロか(笑)




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes