30歳で大往生、競馬界の「皇帝」シンボリルドルフの往年の走りを振り返る(動画)

今年、競馬の3歳牡馬クラシック戦線は、皐月賞とダービーを制したオルフェーヴルが、菊花賞に勝って三冠なるかに注目が集まっていますが、史上初の無敗での三冠馬に輝き、そして史上最多タイのG1レース7勝を挙げた「皇帝シンボリルドルフが、10月4日に死亡したそうです。30歳でした。現役を退き種牡馬生活に入ってからも、トウカイテイオー始めとして数々の優秀な産駒を輩出するなどしました。たいへん残念ですが、安らかにお眠り下さい。そこで、実際にシンボリルドルフがどれだけ強かったのか。20世紀で最強と言われた往年の走りをいくつかをご覧ください。


1984年 ダービー 1着

1984年 有馬記念 1着

1985年 ジャパンカップ 1着

1985年 有馬記念 1着


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes