【深海の恐怖】底生魚が待ち構える巣穴に近づく巻貝→捕食されると思ったらまさかの展開!?

水深約500メートルの深海で、底生魚のカザリガマアンコウ(Atlantic Midshipman)が巣穴に潜んで獲物を待ち受けていますが、そうとは知らずに巻貝が巣穴めがけて一直線に向かっています。もはや捕食される運命なのかと思った次の瞬間、偶然泳いで来たオニカマス(Barracuda)の方が先に捕食されて難を逃れます。

アメリカ東海岸のピー島沖で、NOAA(米海洋大気庁)の探査チームによって撮影された貴重な光景を映像でご覧ください。


非常にラッキーだった巻貝ですが、結局その巣穴へ釣られるように落ちたとさ。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes