嗚呼、勘違い!アメリカの自転車レースでスペイン選手がトップでゴールインしたと思いきや、まだ一周あった(動画)

アメリカ最大の自転車レース「ツアー・オブ・カリフォルニア14」第7ステージの周回コースで起こったちょっとしたハプニングの映像。

スペインのエロイ・テルエル選手がゴール前のスプリントを制してトップでフィニッシュラインを越え、勝利の万歳のポーズをしましたが、すぐに何か様子が変な事に気が付きます。そうなんです、実はまだ一周残っていたのです。

陸上トラック競技などでは時々こんなシーンが見受けられますが、自転車ロードレースでは結構珍しいシーンではないでしょうか?


one-lap-to-go02


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes