【感動アニメーション】ソ連の人工衛星スプートニク2号で地球軌道を周回した最初の犬「LAIKA」(動画)

image by vimeo Avgousta Zourelidi

1957年11月3日、ソ連が宇宙へ人工衛星スプートニク2号を打ち上げ、地球軌道に到達しました。それより前にも米ソからこぞって宇宙へ動物達を送り出していたそうですが、史上初の地球軌道を周回するまでに至った動物スプートニク2号に乗せられたライカと呼ばれるメス犬でした。

今回紹介するアニメーション映像「LAIKA」は、宇宙に飛び立って地球軌道を周回した最初の犬についての真実の物語を再想像したものだそうで、重要な宇宙の旅に関してメス犬に起こったかもしれないことなどをアニメにして表現されています。感動・涙なしでは見られない映像作品に心を打たれて下さい。


first-dog-in-space02
高い知能を持つ動物、好奇心にあふれたメス犬の「LAIKA」は、宇宙犬としての厳しい地上訓練にも耐え、地球上の科学者によって教え込まれた義務を忠実に果たしていったそうです。

first-dog-in-space03
宇宙を旅することとなる前、ライカの人生の白日夢は、モスクワの路上からつつましやかに始まったということだそうです。

LAIKA from Avgousta Zourelidi on Vimeo.


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes