【アート】10万個の爪楊枝で製作された彫刻が精巧すぎてヤバい(動画あり)

source:vimeo the tinkering studio

アーティストのスコット・ウィーバーさんが、35年程前から手掛けているプロジェクト、超がつくほど複雑な動く彫刻「Rolling through the Bay」(ベイを通り抜けて転がる)。サンフランシスコの歴史的な観光名所を、ケニア、モロッコ、スペイン、西ドイツ、イタリアなど世界中から集めた10万個の爪楊枝と接着剤のみで精巧に再現した彫刻で、何よりも凄いのは、複雑な彫刻の中でピンポン玉を転がして、さも名所をツアーで移動しているかのようなリアル感が出るよう、創意工夫が成されている所。このプロジェクトにたった一人で3,000時間以上を費やしたというウィーバーさんの力作を、写真ギャラリー(リンク)と動画でご覧ください。まさに、継続は力なりです。



source:vimeo the tinkering studio

写真ギャラリーは、スコット・ウィーバーさんのフリッカーにてご覧下さい。
Scott Weaver’s Rolling through the Bay(全写真29枚)

Scott Weaver’s Rolling through the Bay from The Tinkering Studio on Vimeo.

source One man, 100,000 toothpicks, and 35 years: An incredible kinetic sculpture of San Francisco


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes