難病幼女の切実な願いをかなえた!3Dプリンタで印刷された魔法の腕(動画)

3Dプリンタ技術の向上は、医療をはじめ科学技術・建築・食品などあらゆる分野にも可能性があるとされていますが、この素晴らしい技術は、病気等で身体が自由に動かせない人々へも光をもたらしてくれます。アメリカの2歳になる女の子、エマちゃんは、先天性多発性関節拘縮症(アルトログリポージス)という生まれつきの難病を抱えており、手足の関節が硬直して自由に動かすことが出来ません。それでも、やはり普通の子と同じように自らの手を使いブロックで遊んでみたい。そこで…


米デラウェア州病院、3Dの研究者は、そんなエマちゃんの切実な願いを早急に叶えてあげるべく、3Dプリンタで小型かつ軽量パーツ、そして耐久性のあるカスタムメイドの人工骨格を印刷したそうです。

エマちゃんのこんなに楽しそうに遊ぶ姿を見ると、何物にも代えがたいものです。3Dプリンタ技術って素直にすごい。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes