こちらはカテゴリー ⌈アンビリバボー⌋ のページです。

不注意?欠陥車?救急車のバックドアが突然半ドアになった結果

緊急走行中のポーランドの救急車が交差点に差し掛かった瞬間、バックドアが突然半ドアになってストレッチャーが道路上へ投げ出されてしまいます。

【マジかよ】キラウエア火山の溶岩流のスピードがハンパない恐ろしい光景

2008年5月頃のキラウエア火山(ハワイ)から噴出したドロドロの溶岩が、レイラニ・エステーツ付近の道路を横切るようにものすごい勢いで流れて行く様子を捉えた映像です。

【脅威】新型コロナウイルスの感染力の強さを思い知らされる他感染症との比較チャート

未だ感染者数が増加の一途をたどり世界中で脅威となっているCpronavirus 新型コロナウイルスと、近年流行した主な感染症→SARS 重症急性呼吸器症候群(2003年香港)、Swine Flue 新型インフルエンザ(2 […]

【驚異の筋持久力】体幹トレーニングの「フロントブリッジ」で元米国海兵隊員が8時間超えの世界最長記録達成!

元米国海兵隊員で麻薬取締局捜査官のGeorge Hoodさん(USA)が、体幹トレーニングの代表的な種目のひとつ「フロントブリッジ(プランク)」で世界最長時間の8時間15分15秒をマークし、ギネス世界記録に認定されたそう […]

【悲痛】自転車ロードレースでコロンビアの選手がタイヤ交換出来ずに思わず泣いちゃった!

英ヨークシャーのジュニア男子世界選手権ロードレースで、コロンビア・チームに所属するドイツ人のダリオ・ゴメス・ベセラ選手がレース中にタイヤがパンクし立ち往生、すぐにでもタイヤ交換してレースに戻りたいのにチームのニュートラル […]

【新型コロナウイルス】中国のエレベーター内に感染防止策が絶対必要なワケ

中国のとあるエレベーター内に新型コロナウイルスの感染防止策として、ボタンを押す時のために使い捨ての爪楊枝が配置されていたそうですが、そのような対策も絶対必要なんだと改めて分かるとんでもない映像が公開されています。

【海の天才】タコの脱出能力を4段階の難易度レベルで比較してみた

脱出アーテイストとも呼ばれるタコが、ゲージに仕掛けられた4段階の脱出チャレンジ→難易度レベル1(簡単:隠されたドア)、難易度レベル2(中程度:狭いチューブ)、難易度レベル3(困難:水面ブリッジ)、難易度レベル4(超困難: […]

【超突貫工事】わずか10日間で中国のコロナウイルス病院がスピード完成するまでのタイムラプス映像

中国が得意とする世界最速レベルの突貫工事で、武漢市の一画にコロナウイルス患者の治療専門の巨大新病院(仮設ベット数1,000床)が1月24日に建設工事が開始されるや否や、わずか10日間というまさに記録的なスピードで完成させ […]

【ネズミかよ】壁の中で2年間も住み続けるニャンコがいるらしい

韓国のとある雑居ビルで階段の内側や天井裏から時折聞こえるニャンコらしき足音や鳴き声。何かのきっかけで閉じ込められてしまったのか?可哀そうに思った住人の男性が壁の隙間から2年間以上もエサを与え続けて来たそうです。

「不審者につけられています」ロシアの9歳少女の不審者への対応があっぱれ!

モスクワ近郊の街ストゥピノで、学校から帰る途中の9歳少女が不審な男に後をつけられていることに気がつきます。そこで身の危険を感じた女の子は自宅があるマンションの建物内に入る振りをして不審者を巻き、外へ逃げ出して一時避難する […]

【大失敗】割れた流氷の上であせる一羽のペンギン→それからどうなった?

ペンギンの群れから少しばかり離れて歩いていた一羽のペンギンが、あろうことか突然割れ出した流氷の上に取り残されてあわやの状況に見舞われます。 勝手な行動をしたばっかりに起こった悲劇。果たしてそのペンギンの運命や如何に?

暴漢も真っ青!インドネシア女子格闘家による最強護身術はこちらです

インドネシアの女子格闘家chintya candranayaさんが、突然レンチを持ったフルフェイスの3人組の暴漢に襲われた時を想定し、そいつらに真っ向から立ち向かいながら身を守るためのローコンバット護身術を伝授してくれま […]

【不衛生すぎる】干した唐辛子の中にネズミがうじゃうじゃ!

思わず目を疑うような光景です。中国?南米?それは分かりませんが、干した唐辛子をかき集めて袋詰めする作業が行われていますが何とそこら中にネズミが走り回っています。

【恐怖】電線上から落下する「つらら」の破壊力がハンパない!

上空を横切る電線上から落下して来る「氷柱(つらら)」が、物置小屋の屋根や車のフロントガラスを直撃する恐怖の瞬間を捉えた映像です。

【ド迫力】庭で大規模な泡の大噴火実験をやったらこうなった!?

海外ユーチューバーのDavid Dobrikさんらが、高台にある自宅の庭において650リットルの過酸化水素水(35%)の分解で大量の泡を発射させるというおそらく世界一大規模な泡の大噴火実験を行なったそうです。

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes