アポロ11号の宇宙飛行士が月から帰国した際の税関通過が確認される

Photo by cliff1066TM

米航空宇宙局(NASA)が、アポロ11号のニール・アームストロング、バズ・オルドリンとマイケル・コリンズが、月からアメリカへの帰国の際、税関を通過したことを確認したそうです。人が異国間を出入りする場合、入出国の際に税関検査・手続きが行われるのが通例ですが、アメリカでは宇宙から帰還した際にもその検査や手続きが実際に行われていたいうのでビックリ。


アームストロング船長らは、宇宙旅行日程を宣言するとともに、月の石や埃、サンプルを国境を通してアメリカに持ち帰ったことを入出国カードに記入していたそうです。尚、アルドリンのスーツケースの内部に持っていた密輸ウイスキーについては言及していなかったとのこと。

以下が、その入出国カード「GENERAL DECLARATION」です。

何十年先の未来には、一般の人でも宇宙旅行が可能となり、地球と宇宙間を自由に行き来できるようになると予想されます。そう成ったら各国でも入出国の管理が当然に行われることになるでしょう。そんな日が早く来て欲しいものですね。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする

Powered by WordPress | Designed by: Premium Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, wordpress 4 themes and Free Premium WordPress Themes